うつ病になったらまずやってほしいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私もそうであったように、おそらくほとんどの人はうつ病になったとしても自分ではその症状を自覚しないと思います。

私も18歳でうつ病になったとき、初めは自分がうつ病だなんて全く考えもしませんでした。

でも、今思うとかなり思い詰めていましたし、重度のうつ病の症状だったと思います。

私がうつ病に気付いたきっかけは、当時付き合っていた彼氏でした。

約1年ほど付き合っていたのですが、付き合い始めた当初と比べると顔もやつれ、無言のときが多くなったといってきたのです。

それまでは何も言ってきませんでしたが、さすがに異常すぎるということで私を病院に連れていきました。

初めに言われたときは『何を言ってるの?』という感じで、病院に行く気になんてならなかったのですが、彼氏の真剣なまなざしと、本気で訴えてくる雰囲気に自分もただ事ではないんだなと思い、病院に行くことを決意しました。

そしてカウンセリングを受けた結果、重度のうつ病であることがわかったのです。そのとき、彼氏のいうことを信じてよかったとホッとしました。

何らかのきっかけで、自分自身がうつ病であるということに気付いたならば、まずはとにかく精神科に掛かるようにしましょう。

精神科と聞くと、ちょっと抵抗があったり、認めたくないというような感情になることもあるとは思いますが、そのままいかないでいると本当に取り返しのつかないことになる可能性があります。

私もそうでしたが、自傷行為をする場合には本当に取り返しがつかないことになるので、早めに行くようにしましょう。特に女性は必ず行ってください。

今だから思うことですが、うつ病を人から指摘されたときに、どれだけその意見を素直に飲みこめるのか?というのが早期改善の近道になるんだと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*